インポが完全に治療によって治った例って今までにあるの?

インポが完全に治る事はある?

インポが完全に治る事はある?

全盛期と比べて硬く反り返るようなことなくなった、性行為を最後まで続けられない、そもそも勃起することもなくなったというインポの悩みを抱える男性は少なくありません。

このインポは医学用語で「Erectile Dysfunction」と言われ、略してED、または日本語で勃起不全と呼びます。男性のペニスが突然機能しなくなることで起こるため、男の象徴が不自由して自信喪失に繋がるのですが、性交渉が満足にできないことから女性にも不満が残ります。

勃起不全のままでは、パートナーとの仲が冷え切ってしまうこともあるので、早めになんとかしたいと考えるのは当然のことと言えます。このインポの症状には実は様々な種類があり、簡単に治るものから高度な治療が必要なものまであります。

大雑把に分けると器質性と心因性、そして薬剤性を原因として、それぞれの症状に合った治療が必要となります。器質性は物理的にペニスに悪影響を及ぼす問題で、たとえば加齢によって血液の循環が悪くなり、海綿体に血液が送り込まれないことで勃起ができないといったものです。

加齢だけでなく肥満や糖尿病などの病気によって併発したものもあり、大本を治療しないと勃起ができなくなることもあります。多くは生活習慣による血管の収縮が原因となるので、血管拡張作用のあるサプリメントなどを服用し続ければ完治することもあります。

ちなみに、前立腺がんのための前立腺全摘除術を受けると、海綿体神経が損傷を受けることがあり、この場合は回復が難しくなります。

心因性EDの場合は、過度なストレスや以前の性交渉で失敗したトラウマなど、精神的な影響によって勃起ができない状態となるため、精神科でカウンセリングを受けたり、強制的に勃起を促すED治療薬を使用します。

男としての自信喪失からなるインポのため、ED治療薬などで勃起して自信を回復できれば治る可能性は高いとされます。精神的な問題のため、状況によっては自然と回復することもあり、原因を知らなければなぜ治ったのかわからないといった人もいるようです。

最後の薬剤性EDでは、本来なら病気を治療するべき医薬品が副作用を起こし、性ホルモン分泌の抑制や自律神経に影響を与えてしまうことから起こります。

治療薬を飲むのを止めれば回復する可能性もあるのですが、元から病気の治療をするためなので簡単に止めることはできません。

完治すればED治療に進めますが、半端な治療をすれば再発する可能性もあるため、医師と相談しながらの治療となります。インポの治療は原因によって完治できたり、できないものもあるため、まずは原因を知ることから始めるのが一番です。